ゴルロア後日談

ニャギルしょんぼり


巨大ムカデとの連戦で疲れている中、儂は休み中に酒場で酒を飲んで
おったんじゃが…。

その時、儂の所に1人の男が現れての…歳は30半ばといったところか?
足を悪くしているのか杖をついておった。 
男は神妙な顔で挨拶をし、話したいことがあるという。

話を聞くと……儂の同族のことじゃった。 
12年前の戦でちりぢりになった儂らニャゴルーの1人を、その男が引き取り、
養女として育てていたそうなんじゃよ。
そして数年前、事故で足を痛め、退役せざる得なくなった養父の代わりにと
兵役に就き、その後もっと稼ぎのいい冒険者へと転身したそうな。

自分は鍛えるためにとか言っていたそうじゃが…やはり養父のためじゃった
ろうな。 
その話を聞いて、儂はようやく、同族探しの目的を果たせると喜んだの
じゃが……残念ながら、その娘はつい先日、亡くなってしまったらしい。

17歳になったばかりの、その翌々月の冒険で…。 

…………何でかの?同じ冒険者稼業していて、何で儂は…逢うことが
出来なかったのかの…?
運命に導かれてと思っていたのは……錯覚なのかのぅ…?


この後の冒険で、とうとう罠感知できず、2回も丸太ん棒の罠に引っかかって
ドタマかち割られたり、超巨大トカゲに這々の体で逃走するなど、散々な
目にあっているニャギルですが、一応まだ生きてます。

でも…次もまた、巨大な怪物討伐依頼で死亡フラグが…。


実はニャルル、ニャギル以外でも隠し球のキャラが一人いるんですけど、
飄々と生き残ってるので今度イラスト描きまする。(・ω・)
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック